ハワイ州司法長官は21日、トランプ米大統領の新入国制限令の執行を差し止めた連邦地裁命令の延長を目指し、緊急差し止め命令をより長期の命令に替えるよう申し立てた。トランプ大統領の発言を踏まえて、新制限令は「ごまかし」にすぎないと主張している。

  ハワイ州はホノルルの連邦地裁への21日の申し立てで、「トランプ大統領は最初と2番目の大統領令の違いがあるとしたら名目上のものだと自ら認めている」と主張。「大統領は2番目の大統領令を『最初の内容を薄めたもの』と評しており、イスラム教徒を米国に受け入れるのは『困難』だとの見解を繰り返し示した」と説明した。

  ハワイ州は緊急差し止め命令を、より長期の「暫定差し止め命令」に替えるよう求めた。被告の司法省は24日までにこの申し立てへの反論を提出するよう求められた。同連邦地裁判事は29日に審問を開く。

原題:Hawaii Says Trump’s Own Words Make Case for Travel Ban Halt (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE