まだ寒さの続くこの時期に筋肉をほぐしたいなら、カリブ海のビーチリゾートはいかがだろう。心配事は全て忘れ、カクテルと良質の本を手にしてラウンジのチェアに身を沈めることのできる最良のホテルを新たに見つけたい。

バハマハウス(バハマ諸島のハーバー島)

バハマハウスの客室
バハマハウスの客室
Source: Eleven Experience

  現代的だがコロニアル風な雰囲気を持つ11室が4棟の小さな建物に広がる。エル-セラ湾の最良の展望が楽しめるのは「コールブルック」スイートだ。1泊550ドル(約6万2000円)から。

マノアブティックホテル(アンギラ島ショールベイ)

マノアブティックホテルの目前に広がるビーチ
マノアブティックホテルの目前に広がるビーチ
Source: The Manoah Boutique Hotel at Shoal Bay

  英領西インド諸島でよく知られているマリオハナキャップジュルカとなどのホテルに匹敵するほどの素晴らしいロケーションだ。白いシンプルな外観で、客室はゆったりとした造りになっている。だが料金は1泊350ドルからと、アンギラの5つ星ホテル平均のほぼ3分の1だ。

ルバルテルミー(サンバルテルミー島)

ルバルテルミーの客室
ルバルテルミーの客室
Photographer: Pierre Carreau

  ルバルテルミーの客室では新しいホテルの開業や有名ホテルのリノベーションが相次いでおり、これまで以上にこの島の魅力が高まっている。伝統的なプランテーション型リゾートのイメージを最新式に変えたルバルテルミーは46室を備え、エルメスのアメニティーなどフランス式のサービスを提供する。誰も知らない入り江を巡るピクニックも楽しめ、朝食のクロワッサンは絶品だ。1泊650ドルから。

ハミルトン・プリンセス&ビーチ・クラブ(バミューダ諸島)

ホテルからハミルトン港を眺める
ホテルからハミルトン港を眺める
Source: Hamilton Princess & Beach Club

  世界最高峰の国際ヨットレース、アメリカズカップの決勝ラウンドが6月に開催されるバミューダ諸島での多額の投資が、この地に新たな命を吹き込んだ(バミューダ諸島は正確に言えばカリブ海ではないが、カリブ海と共に紹介したい)。このホテルの170室は全面リノベーションされた。1泊279ドルから。

キンプトン・シーファイア・リゾート&スパ(グランドケイマン島)

キンプトン・シーファイアのプール
キンプトン・シーファイアのプール
Photographer: Cris Molina for Kimpton Seafire Resort + Spa

  グランドケイマン島のセブンマイルビーチでは10年以上、新しいホテルの開業はなかった。キンプトンによるこのホテルは、待つかいがあったというものだ。8500平方フィート(約790平方メートル)のスパ施設では、トルコから取り寄せたタイルが使われている。シェフを前にした9席のテーブルから、パントリー形式に至るまでさまざまなレストランもある。たが他のキンプトンのホテルと同様、ボタンを外してくつろげるのが何よりだ。1泊499ドルから。

ショアクラブ(タークスカイコス諸島)

ショアクラブ前のビーチ
ショアクラブ前のビーチ
Source: The Shore Club

  タークスカイコス諸島への旅人は、にぎやかなグレース湾付近に宿泊することが多いだろう。だが狭い島の反対側に行けば、はるかに静かなロングベイビーチがある。豪華なショアクラブが最近オープンしたこのビーチは、世界有数のカイトサーフィンのスポットにも近い。現地ではまだ建設が続いており、工事がうるさいともこれまでに伝えられているが、期待は大きい。1泊925ドルから。

原題:The Best New Resorts in the Caribbean(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE