米モルガン・スタンレーは債券トレーディングが昨年末より改善している一方、株式トレーディングの改善はそれを下回っていることを明らかにした。

  同社のコルム・ケレハー社長は21日のプレゼンテーションで、「債券はやや改善しているものの、おおむね昨年第4四半期と同じだ」とし、株式については「われわれはいまだ業界トップだが、顧客ボリュームは減少している。これは業界全体の問題だ」と続けた。

  トレーディングに投入している資金については「おおむね満足」しており、収益が改善してもトレーディング戦略転換を期待すべきではないと述べた。

Related ticker:
MS US (Morgan Stanley)

原題:Morgan Stanley Says Fixed-Income Business Improving This Quarter(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE