ゴールドマン・サックス・グループはロボアドバイザーによる自動投資サービスを提供する準備を進めている。ウェルスマネジメント事業で大衆向け市場を開拓する。

  ゴールドマンはこのサービス用のプラットフォーム開発のためソフトウエア開発者を募っている。同行のウェブサイトに掲載された求人広告によると、顧客に「金融ポートフォリオと分析に関する詳細な情報」を提供することを目指す。「自動デジタル・アドバイス・プラットフォーム」を構築することで富裕層の大衆市場をカバーするという。ゴールドマンの広報担当、アンドルー・ウィリアムズ氏はコメントを控えた。

  ゴールドマンのプライベートウェルス事業はこれまでのところ資産5000万ドル(約56億4000万円)以上の顧客を主な対象としている。同社は近年、オンライン銀行を開設するなど大衆市場向け事業にも進出しつつある。

  新サービスについてはロイター通信が20日に報じていた。

原題:Goldman Sachs Set to Hire Developer to Work on New Robo-Adviser(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE