英国のメイ首相は3月29日に欧州連合(EU)離脱を通知する予定だが、それから数週間で大手投資銀行はロンドンを中心としてきた事業の一部をEU域内の新中核拠点に移転させるプロセスを開始する。

  この過程で最大の勝者として浮かび上がりつつあるのはフランクフルトとダブリンだ。バンク・オブ・アメリカ(BofA)とスタンダードチャータードバークレイズは欧州単一市場へのアクセス継続を確実にする拠点としてダブリンを検討していると、計画に詳しい関係者が話した。 ゴールドマン・サックス・グループシティグループなどはフランクフルトを考えていると、別の関係者は述べている。

  ロンドンからEU域内で自由に金融サービスを提供する権利が失われると懸念する銀行の幹部は、英国が2019年に離脱する前の域内オフィス新設か拡張を望んでいる。そうした中でフランクフルトが選ばれるのはドイツ銀行や欧州中央銀行(ECB)、独連邦金融監督庁(BaFin)が本拠としていることから自然な流れ。一方、ダブリンが首都のアイルランドは法や規制が英国に類似しているほか、EU加盟国としては唯一の英語圏になる。

  シンクタンクのブリューゲルによると、英EU離脱後に金融機関の顧客が英国外に移す資産は1兆8000億ユーロ(約218兆円)相当に上り、これに伴ってロンドンの銀行業からは1万人、金融サービスからは2万人相当の仕事が失われる可能性がある。その規模は最大23万2000人に及ぶという試算や4000人程度で済むとの指摘まである。

  ブルームバーグ・ニュースがインタビューや発表などを通じて得た主要銀の計画は以下の通り(邦銀3メガグループの動向はここをクリックして下さい)。

BofA

  単一市場へのアクセスが失われた場合のEU域内の新たな中核拠点としてダブリンを考えていると、同行の在ドイツ幹部の1人が今月に入って明らかにした。また、ドイツとスイス、オーストリアのコーポレートバンキング責任者のニコラウス・ネールガー氏はフランクフルトやマドリード、ルクセンブルク、アムステルダムを含め、域内の諸都市に一部の仕事を移す公算があると発言したが、最終決定には至っていない。

ゴールドマン

  事情に詳しい関係者によれば、ゴールドマンはフランクフルトをEU内の中核拠点とすることを検討中で、トレーダーやシニアマネジャーを含め最大1000人を移す可能性がある。

JPモルガン

  JPモルガン・チェースはダブリンとフランクフルトでオフィススペースを探したと、事情に詳しい関係者が今月話した。英国民投票実施前に、ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は1万6000人いる英従業員のうち、最大4000人がEU離脱後に欧州大陸に移る可能性があると発言。

UBS

  アクセル・ウェーバー会長は今月、英国で働く約5000人の投資銀スタッフのうち最大1500人を異動させるかを離脱通知直後に最終決定すると語った。

HSBC

  HSBCホールディングスのスチュアート・ガリバーCEOは1月、ロンドンの投資銀収入の約2割を生み出しているスタッフがパリに移る可能性を指摘。パリでは10年以上前に商業銀行を買収済み。同CEOは昨年6月の英国民投票前には、ロンドンにいる5000人のスタッフ中、約1000人がパリに異動になる公算が大きいと発言していた。

バークレイズ

  EU域内の中核拠点をダブリンとすることで落ち着き、同地で約150人増員する計画だと、事情に詳しい関係者が今年に入って述べた。


スタンダードチャータード

  ダブリンをEU域内の法的拠点とする方向でアイルランド当局者に接触したと、事情に詳しい関係者が昨年12月に述べた。ただ、最終決定は下っておらず、フランクフルト選択も視野にドイツ当局とも協議中という。

シティグループ

  同行はロンドンのブローカーディーラー事業の一部移転について、アイルランドやスペイン、イタリア、ドイツ、フランス、オランダを含め場所を比較検討中だと、欧州・中東・アフリカ担当幹部のジム・カウルズ氏が1月24日にダブリンでの会議で述べた。6月末までには最終決定が下ると思うとも付け加えた。

モルガン・スタンレー

  EU中核拠点の拡張に向けてフランクフルトとダブリンでオフィススペースを探していると、関係者が2月に語った。どちらかの都市に当初300人前後を異動させる可能性があるという。

大和証券G

  大和証券グループ本社の日比野隆司最高経営責任者(CEO)は1月30日の会見で、フランクフルトやダブリンを新拠点の候補先として検討していることを明らかにした。

ロイズ・バンキング・グループ

  ベルリン支店を子会社に転換し、EU本拠とする意向だと関係者が先月述べた。ロンドンから移る人員は少人数にとどまるという。

クレディ・スイス

  英EU離脱後にダブリンで事業拡張する選択肢を探っていると、関係者2人が1月に語った。

原題:What the Biggest Banks Are Planning as May Sets Brexit Timing(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE