21日のアジア株式相場は堅調さを維持している。日本株が下落しているものの、香港上場の中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が上昇している。

  MSCIアジア太平洋指数は一時、前日比0.2%高となった。香港時間午前11時34分(日本時間午後0時34分)現在はほぼ変わらず。H株指数の上げが目立つほか、香港ハンセン指数も値上がりしている。

  CMCマーケッツのシンガポール在勤アナリスト、マーガレット・ヤン氏は「企業利益を巡る楽観的な見方が香港株の押し上げに寄与しており、アナリストは中国企業の見通しを引き上げている」と述べた。

原題:Asian Stocks Edge Higher as Hong Kong Rallies on Chinese Money(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE