オーストラリア準備銀行(中央銀行)は21日 公表した今月の金融政策決定会合(7日開催)議事録で、世界的なリフ レーションのシナリオへの信用を示しながらも、不動産市場と国内家計 債務の伸び加速の脅威を浮き彫りにした。

議事録は「最近のデータは引き続き、住宅市場に絡んだリスクの高 まりを示唆している」と分析。「家計債務の伸びは家計所得の伸びを上 回るペースだ」と指摘した。豪中銀は今月の会合で政策金利を過去最低 の1.5%に据え置いた

割安な資金を背景に、シドニーの住宅価格は2009年から2倍余りと なり、メルボルンでも上昇。一方、西部では鉱山投資ブームの後退で不 動産価格は下落し、需要の弱さから企業破綻が続いており、経済の2極 化が鮮明になっている。

豪ドルはシドニー時間午前11時33分(日本時間同9時33分)現在、 1豪ドル=0.7731米ドルとほぼ変わらず。議事録発表前は0.7729米ドル だった。

原題:RBA Warns Over Housing Risks, Debt as Global Reflation Emerges(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE