HSBCなど主要行、ロシア発833億円資金洗浄関与か-ガーディアン

  • HSBCは主に香港支店経由で5億4500万ドルを取り扱った可能性
  • 銀行取引約7万件の詳細を含む金融関連の文書をガーディアンが閲覧

ロシアから大規模なマネーロンダリング(資金洗浄)ネットワークを通じて流出した資金の一部は、最終的に世界の主要銀行を経由しており、HSBCホールディングスなど英国に本拠を置く銀行の取扱高は約7億4000万ドル(約833億円)に達すると英紙ガーディアンが報じた。

  同紙が閲覧した金融関連の文書には、銀行取引約7万件の詳細が含まれ、このうち1920件は英国に拠点を置く企業、373件は米国を拠点とする企業が関与。2010年から14年にかけて少なくとも200億ドルがロシアから流出し、一部が海外の銀行に行き着いた状況が示されているという。この資金フローはグローバル・ロンドロマットと呼ばれるネットワークに関係し、このネットワークは調査報道グループ「組織犯罪と汚職の報告プロジェクト」の14年の報告書のテーマになったと同紙は指摘した。

  ガーディアン紙によると、HSBCは主に香港支店経由でロンドロマットの資金5億4500万ドルを取り扱った。取引の詳細は明らかにしていない。英政府が救済したロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の取扱額は1億1300万ドル、スタンダードチャータードとスイスのUBSグループ、米銀シティグループ、バンク・オブ・アメリカ(BofA)、英銀バークレイズ、オランダのINGグループは200万ドルから3700万ドルの範囲内だったという。

  同紙によれば、記事で実名を挙げた銀行はいずれもマネーロンダリングについて厳しい管理体制を敷いていると説明したが、データの真偽に異議を申し立てた金融機関はなかった。

原題:Laundered Russian Cash Went Through Big Banks, Guardian Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE