20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが4営業日続落、ただ午後に下げを縮める展開となった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.1%低下。一時0.3%下げる場面もあった。ドルは円に対しては0.2%安の1ドル=112円55銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.0739ドル。

  トレーダーらは新たな手掛かりを求めて、20日遅くに行われるフランス大統領選の候補者による討論会と、23日のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長講演に注目している。

  ドルはFOMCによる利上げ発表後から下落しており、この日は一時、昨年11月11日以来の安値を付けた。ただ下げのペースは米10年債利回りの方が勝っており、ドルがやや底堅さを見せていることが示唆される。

  フランス大統領選の討論会では5人の主要候補者が参加し、無所属のマクロン前経済・産業・デジタル相と極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首との争いにおける変化に注目が集まりそうだ。仏大統領選の候補者は11人だが、残りの6人は20日の討論会から除外された。 

  討論会を控えた状況では、ユーロは主要10通貨の過半数に対して値下がり。

原題:Dollar Pares Losses Ahead of First French Presidential Debate(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE