欧州株:4営業日ぶり小幅下落、増資発表のドイツ銀行が大幅安

20日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が小幅ながら4営業日ぶりに下落。石油・ガスや銀行株が売られ、指数を押し下げた。

  ストックス600指数は前週末比0.2%安の377.68で終了。原油価格の下げに追随し、エネルギー株を中心に下げた。ドイツ銀行は3.7%安で年初来安値に沈んだ。先週末終値に比べ35%のディスカウントで80億ユーロ(約9700億円)の増資を実施すると発表したことが嫌気された。

  アンドルー・ガースウェイト氏率いるクレディ・スイス・グループのストラテジストらはリポートで、投資家は債券やクレジットに対して株式をオーバーウェートすべきだと指摘した。今年下半期に株価が調整する可能性が低下したとの予想が理由。

原題:European Stocks End Three Day Advance as Deutsche Bank Retreats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE