トランプ米大統領とドイツのメルケル首相は17日、トランプ氏の大統領就任後初めてホワイトハウスで会談した。国際貿易に関する両首脳の発言を聴く限り、共通の土台を近く見いだせると受け止められる兆しは示されなかった。

  トランプ大統領は、米国が「極めて不公正」な扱いを受けているとあらためて訴え、ドイツの通商担当者の仕事ぶりが米国の担当者に勝っていると含みのある賛辞を浴びせた。メルケル首相と並んだ大統領は記者団に対し、「ドイツの交渉担当者は米国の担当者よりもはるかに良い仕事をしている。しかし、それは均一にならすことができるのではないか」と語った。

  メルケル首相はこれに対し、通商交渉はドイツ政府ではなく、欧州連合(EU)が担当し、そのようなドイツの立場の代弁者は存在しないと述べた。

  トランプ大統領は共同記者会見で、首脳会談では北大西洋条約機構(NATO)への強い支持を表明する一方、加盟国による「公平な負担」の必要性を強調したことを明らかにし、メルケル首相は、加盟国の国防費を国内総生産(GDP)の2%以上とする目標にコミットしていると言明した。

原題:Trade Talk Shows Trump, Merkel Have Little Common Ground
Trump Says NATO Nations Must ‘Pay What They Owe’
Merkel Says Germany Committed to NATO 2% Defense Goal(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE