格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、トルコの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。昨年7月のクーデター未遂事件以降の不安定な政治情勢が、予想以上に長引いていることが背景にある。

  17日の発表によれば、ムーディーズはトルコの発行体格付けについて投資適格級を1段階下回り、ロシアと同等の「Ba1」に据え置いた。フィッチ・レーティングスによる格付けも同じ水準。

原題:Turkey Outlook Cut to Negative by Moody’s on Political Tension(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE