17日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。インフレ期待のデータが1980年以来の低水準となったことに反応した。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は昨年11月11日以来の低水準をつけた。ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)の長期インフレ期待は1980年までさかのぼれる同データ史上で最低水準となった。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)が今週公表した政策金利の予測中央値は年内あと2度の追加利上げ想定しており、前回と変わらなかった。欧州の政治リスク後退もドルにとって好ましい兆候ではないと、モルガン・スタンレーは指摘した。

  ハンス・レデカー氏らモルガン・スタンレーのストラテジストは「ドルは全面安になると当社では見込んでいる」とリポートで指摘。「オランダ総選挙の結果を受けて政治懸念は幾分か和らいだ。英ポンドさえも安定の兆しを示している」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下の1227.49。ドルは対円で前日比0.5%安の1ドル=112円70銭。対ユーロでは0.3%高の1ユーロ=1.0738ドル。

  ユーロは朝方、大きく下落。前日に欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニ-総裁が債券購入プログラムを終了させる前に利上げに踏み切る可能性に言及し、ユーロは5週間ぶりの高値をつけていたが、この日はこの発言を見直す動きが広がった。

  米国債利回りの低下に伴い、対円でのドルは値下がりした。

  米利上げペースが加速するとの観測が後退し、オランダ総選挙を受けてポピュリズム(大衆迎合主義)台頭をめぐる懸念が和らいだことを背景に、JPモルガン・グローバルFXボラティリティー指標は一時2014年11月以来の低水準をつけた。

  市場の焦点は来週のFOMC当局者発言に移る見通しだ。23日にはイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演する。

原題:Dollar Falls to Lowest Since November on Weak Inflation Outlook(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE