欧州株:1年3カ月ぶり高値更新、鉱業株高い-週間ベースでも上げる

17日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は2015年12月以来の高値を更新した。米利上げとオランダ総選挙の結果による安心感で、週間ベースでも値上がりした。

  ストックス600指数は前日比0.2%高の378.32で終了。前週末比では1.4%上げた。鉱業株は今週8.4%上げ、昨年11月以来の大幅高を記録した。

  ラース・ブローソン氏らバークレイズのアナリストはリポートで、「鉱業で設備投資が5年ぶりに増え始めている兆候が表れている」とし、「鉱山会社は力強いキャッシュフローを生み出しており、バランスシートのレバレッジ解消も急速に進んでいる。設備投資を再び増やしているのは2017年事業計画で明らかだ」と語った。

  個別銘柄では、英石油会社タローオイルが15%安。債務圧縮と投資資金調達のためライツ・イシュー(株主割当増資の一種)の実施を発表した。

原題:European Stocks End Week at 15-Month High After Fed, Dutch Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE