米ミネアポリス連銀総裁:FOMC会合で反対票投じた理由を説明

米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、経済データにほとんど変化が見られないことや労働市場になおスラック(たるみ)が残っているとの認識から、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での利上げ決定に反対票を投じたと説明した。今回の決定に反対したのはカシュカリ総裁のみだった。

  総裁は17日、反対票を投じた理由を説明した文書を発表。金融当局は追加利上げに動く前に、バランスシート正常化を開始する方法と時期を説明した計画書を公表することが望ましいと指摘。その上で、計画書公表に反応して金融環境が引き締まる可能性があるとの認識を示した。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長はバランスシートの計画については活発に議論しているが、まだ何も決まっていないと述べていた。

  初めて今年投票権を持ったカシュカリ総裁は、最初の重要な政策決定に反対したことになる。自身の見解の正当性を主張した13ページにわたる文書では、様々な認識において他の当局者との違いが際立った。カシュカリ総裁は当局が対称的なインフレ目標に言及してみせながら、2%のインフレ目標を上限としてとらえていると指摘。また緩やかで先制的な利上げは実際のインフレに対応して急速に金利を引き上げるより賢明だとの考え方にも、疑問を示した。このほか、低失業にもかかわらず、労働市場にはスラック(たるみ)がなお残っているとの認識を示した。

  カシュカリ総裁は「私が反対したのは、当局が2大責務の達成にどの程度近いかを判断する上で私が重視するデータが、前回の会合以降ほとんど変わっていないためだ」と説明。「インフレ目標はまだ達成できていない。また労働市場は力強さを増し続けているのは、スラックが残っていることを示唆している」と記した。  

原題:Fed’s Kashkari Explains Dissent, Urges Balance Sheet Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE