キャセイ航空は、香港本社の人件費を30%削減する目標を設定した。競争激化で通期決算で8年ぶりに赤字を計上したことを受け、ここ20年で最大の組織改編の一環として実施する。

  17日の発表資料によれば、6月までに発表する中間管理職以上の職員を対象とする組織変更で、コスト削減を実現する。新体制には夏の間に移行するという。

  今回の発表は、キャセイが5カ月前に明らかにした「重大な見直し」をより具体化するものだ。中国東方航空など他社との競争激化で収益が圧迫され、客席を満たすためビジネスクラスなどを割引している。昨年の上期決算によると、この時点のグループ全体の従業員数は3万3700人超。このうち航空部門が約2万3400人を占めた。

原題:Cathay Plans 30% Staff Cost Cuts at Head Office Under Reform (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE