連合のまとめによると、今春闘で基本給の水準を底上げするベースアップ(ベア)は0.43%(昨年0.44%)となり、昨年の0.44%とほぼ同水準となった。

  定期昇給とベアを含めた月給の平均賃上げ率は2.06%(同2%)。連合が加盟組合の17日午前10時時点の状況をまとめた。ブルームバーグがエコノミストを対象に行った事前調査では、ベアの予想中央値は0.38%、賃上げ率は2.04%だった。

  政府は賃上げにより消費が喚起され、企業業績の改善につながるという「経済の好循環」に期待を寄せる。安倍晋三首相は春闘に関し「少なくとも」前年並みの水準の賃上げを経済界に要請。黒田東彦総裁は16日の金融政策決定会合後の定例会見で「好循環実現に向けた前向きな取り組みが広がっていくことを強く期待しております」と述べた。

  ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査室長は「ベースアップがあるのが当たり前と言うのが全然浸透してない」と指摘。その上で、物価の上昇を考慮すれば賃金は実質的な下落となり、「当然、消費への悪影響は出てくる」と分析している。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE