黒田総裁、CPI対応の機械的な金利目標変更を否定-SMBC日興

  森田長太郎チーフ金利ストラテジスト は、16日の会見内容についてリポートで指摘した。 * 黒田総裁、「コアCPIが1%になったら操作目標を上げるとかそう いった機械的なものは考えていない」と明言 * 操作目標を変更する際には「基調的な物価変動の評価のために背後に ある経済情勢を総合的に判断して決める」とも述べた * 今年想定される「コアCPI伸び率の上昇」が為替や原油価格の影響 を強く受けたものであることも意識した発言内容 * 市場でもCPI1%到達に伴う操作目標引き上げ観測が年初来少な からずあるが、総裁発言はこの時点においてはその可能性を相当程度否 定してみせたことになる

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE