ムニューシン米財務長官とショイブレ独財務相は通商問題やユーロ相場を巡る口論をトーンダウンさせ、両国政府が協議を重ねてあからさまな衝突の回避を目指す考えを表明した。

  ムニューシン長官は16日にベルリンの独財務省でショイブレ財務相と会談後に記者団に対し、「貿易戦争に足を踏み入れることはわれわれの望みではない」と指摘。ドイツの貿易黒字については、欧州中央銀行(ECB)がドイツだけではなく、ユーロ圏19カ国全体の金利を設定するという特殊な事情の結果だとするショイブレ財務相の主張を認めた。

  ショイブレ財務相は共同記者会見で、「複雑な欧州の構成」について長官に説明したと述べ、貿易黒字について「一緒に協議するよう専門家らに要請する」考えを示した。両氏は独バーデンバーデンで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を翌日に控えて初めて会談した。

  トランプ政権はドイツが外国為替市場を操作していると批判。これに対しメルケル首相らドイツ政府首脳は、貿易黒字が自国製品の競争力やユーロ圏諸国経済の強さの違いの結果であって、為替操作によるものではないと米側の主張を退けている。

原題:Mnuchin, Schaeuble Seek to Defuse U.S.-German Tension Over Trade(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE