16日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下げ渋る展開。ムニューシン米財務長官はドルの長期的な強さについて、米経済にとって最大の利益であり、世界の基軸通貨としての信頼を反映しているとの見解をあらためて示した。

  新たな材料がなく、ドルは主要通貨に対して高安まちまち。前日は連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策見通しが予想ほどタカ派的でなかったために下落し、週間でも3週間ぶりに下げる勢いだ。ユーロは午後に上昇した。欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニ-総裁が債券購入プログラムを終了させる前に利上げに踏み切る可能性に言及したことがユーロ買いを誘った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.1%安い1ドル=113円31銭。対ユーロでは0.3%下落の1ユーロ=1.0766ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下の1229.07。

  市場は現在、年内の利上げを1.5回分、2018年については2回の利上げを織り込んでいる。一方、FOMC参加者が示した金利予測では今年、来年とも3回ずつの利上げを想定している。

  ムニューシン長官はベルリンでショイブレ独財務相と記者会見に臨み、「短期的にドルの強さは問題を生み出し、害になる可能性があるが、私が注目しているのはドルの長期的な観点で、世界の安定した基軸通貨としての重要性だ」と話した。

  ポンドは対ドルで一時0.7%上昇し、1ポンド=1.2377ドルを付けた。イングランド銀行の金融政策委員会(MPC)でフォーブス委員が利上げを主張し、他の委員も意見をそれほど異にしない可能性があることからポンド買いが入った。

  米労働省が16日発表した3月11日終了週の米新規週間失業保険申請件数は、前週比2000件減の24万1000件だった。

原題:Dollar Pares Loss as Mnuchin Says Long-Term Strength Is ‘Good’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE