トヨタ:英生産工場を刷新へ、2.4億ポンド投じる-EU離脱懸念の中

トヨタ自動車は、英国の生産工場を刷新する計画だ。欧州連合(EU)離脱をめぐる懸念が広がっているが、現在のところは同社の英国投資は妨げないことが示唆された。

  世界2位の自動車メーカーであるトヨタは16日、2億4000万ポンド(約336億円)を投じてイングランドのバーナストンにある工場の設備と技術を刷新すると発表した。これにより、最新設備での自動車生産が可能になるという。英国政府は、デューデリジェンス(資産査定)を条件とし、トレーニングや研究開発(R&D)用に2130万ポンドを支援する。

  トヨタの欧州部門のヨハン・ファンゼイル最高経営責任者(CEO)は発表文で、「当社は欧州工場の世界的な競争力の確保に注力している」と説明。その上で、「英国と欧州との間での非関税かつ障壁のない形での市場アクセスを維持することが、今後の成功にとって極めて重要だ」と指摘した。

原題:Toyota to Upgrade U.K. Carmaking Plant as Brexit Decision Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE