安倍首相:森友学園への寄付を否定-「大問題だ」と蓮舫氏

更新日時
  • 自民、民進が23日に籠池理事長の証人喚問で一致-NHK
  • 籠池氏は2015年に夫人を通して100万円受けたと議員に説明-朝日

Akie Abe.

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

学校法人「森友学園」の理事長退任の意向を示している籠池泰典氏が安倍晋三首相からの寄付金が入っていると述べたとの報道について、菅義偉官房長官は16日午後、首相は否定していることを明らかにした。安倍首相も官邸で記者団に、官房長官から「お話した通りです」と語った。

  菅氏は記者会見で籠池氏の発言について問われ、首相本人から確認した話として「自分では寄付していないと。昭恵夫人、事務所、第三者を通じても寄付していないということだった」と語った。今後の対応については「何を根拠にどのような発言をしたのか承知してないが、必要に応じてどのような対応をするのかということについては首相が判断する」と語った。首相夫人の昭恵さんが個人で寄付した可能性については、確認作業中であることを明らかにした。

  民進党の蓮舫代表は同日午後の記者会見で、仮定として、首相が寄付をした学校法人の名誉校長が首相夫人で、そこに国有地が不当に安く、前例のない手段で払い下げられたということになれば「大問題だ」と語った。同党の山井和則国対委員長は23日に衆参両院の予算委員会で籠池氏の証人喚問を実施することで自民党の竹下亘国対委員長と一致したと明らかにした、とNHKが報じた。

  朝日新聞によると、民進党の舟山康江氏は記者団に、籠池氏は2015年9月ごろ、安倍首相から、夫人を通して100万円をもらった、と語ったと説明したという。

  安倍首相は2月17日の衆院予算委員会で、森友学園が予定していた私立小学校の認可や国有地払い下げに関し、昭恵夫人を含めて「一切関係がない」と関与を否定。関係していたということになれば、「間違いなく、総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきり申し上げておきたい」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE