米アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏や米建国の父ベンジャミン・フランクリンの伝記を執筆したアスペン研究所の最高経営責任者(CEO)、ウォルター・アイザックソン氏は、CEO職を退いた後、投資銀行ペレラ・ワインバーグ・パートナーズでの役割を拡大する。

  ペレラ・ワインバーグが15日発表した資料によると、アイザックソン氏は同行のアドバイザリーパートナーとなり、顧客開拓のほか技術やイノベーション、ニューエコノミーなどの分野で助言をする。アスペン研究所は14日、同氏が今年末にCEOを退任すると発表した。

  ペレラ・ワインバーグはビジネス界のリーダーらを起用して2015年に諮問委員会を設置。ロイヤル・ダッチ・シェル会長を務めたヨルマ・オリラ氏やベライゾン・コミュニケーションズCEOだったアイバン・サイデンバーグ氏らが名を連ねている。CNNのCEOを務めたアイザックソン氏も同年、メンバ-に指名された。

原題:Steve Jobs Biographer Isaacson Expands Role at Perella Weinberg(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE