オーストラリアの2月の雇用統計で、失業率は予想外の上昇となった。余剰生産能力が依然として労働市場の問題となっているほか、賃金と物価は抑えられた状況が続く公算が大きいことが示された。

  豪統計局の16日発表によると、雇用者数は前月比6400人減少。エコノミスト予想では同1万6000人増が見込まれていた。失業率は5.9%と、前月の5.7%から上昇。2016年1月以来の高水準となった。エコノミスト予想は5.7%だった。

  フルタイム雇用者数は2万7100人増え、パートタイム雇用者数は3万3500人減少。労働参加率は横ばいの64.6%で、エコノミスト予想と一致した。

  豪ドルはシドニー時間午後0時42分(日本時間午前10時42分)現在、1豪ドル=0.7693米ドル。統計発表前は0.7714米ドルだった。

  キャピタル・エコノミクスのアシスタントエコノミスト、ケイト・ヒッキー氏は「特に金融安定性をめぐる懸念が和らいだ場合、失業率が大幅に上昇すれば豪中銀の追加利下げにつながることは十分にあり得る」と予想。「実際に豪中銀は労働市場の動向を注視していると示唆しており、労働市場の悪化は一段の利下げにつながり得るとロウ総裁はかねて指摘している」と述べた。

  一方、オーストラリア・コモンウェルス銀行の証券部門シニアエコノミスト、クレイグ・ジェームズ氏は「長期にわたり金利据え置きが続きそうだ。今回のデータに利上げか利下げの可能性を高める要因は何もない」との見方を示した。

原題:Aussie Jobless Rate Unexpectedly Jumps to 5.9%; Currency Drops(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE