トランプ米大統領は2018会計年度(17年10月-18年9月)の国防総省予算として6390億ドル(約72兆4000億円)を提案した。過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いを加速させ、長年にわたり軍事作戦を展開してきた米軍の再構築を図る。

  ホワイトハウスは16日発表した予算教書で、「大統領はわれわれの強さと安全保障が無作為に失われていくのを終わらせるとともに、米軍の再建を始める」と説明した。

  国防総省の予算強化は他省庁の裁量的な支出を削ることになり、すでに議会では民主党から抵抗を受けている。

  トランプ政権は国防総省の基本予算を5740億ドルと、議会が承認した通年度予算としては直近の16年度に比べ523億ドル(10%)増やす。これとは別には戦闘資金は650億ドルと、16年度と比べ64億ドル増額する方針だ。

原題:Trump Seeks $639 Billion for Defense Department, a 10% Increase(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE