中国の1月の米国債保有は減少-日本は6カ月ぶりに増やす

更新日時
  • 中国は外貨準備を使って人民元相場を下支え
  • 日本は前月比117億ドル増の1.1兆ドル

中国の1月の米国債保有残高は減少した。中国は外貨準備を使って人民元相場を下支えしている。外国勢で米国債を最も多く保有している日本は6カ月ぶりの増加となった。

  米財務省が15日発表した1月の対米証券投資動向によれば、中国の米国債保有残高は1兆500億ドル(約119兆円)と、前月から73億ドル減少。ただ中国が保有米国債の一部を預託しているとアナリストらが指摘しているベルギーの保有残高が82億ドル減って1120億ドルと、2015年8月以来の低水準になったことから、中国の米国債売りはさらに大きかった可能性がある。

  中国の当局者は今年初めに人民元高を誘導したものの、中国人民銀行(中央銀行)が引き続き資本流出に取り組んでいることがあらためて示された。中国の外貨準備高は1月末時点で2兆9980億ドルに減少。2月末時点では8カ月ぶりに増加に転じ3兆ドル台に回復したが、それでも6年ぶり低水準付近にとどまっている。14年のピーク時には4兆ドルを記録していた。
  
  昨年、中国を抜いて1位となった日本の1月の米国債保有残高は前月から117億ドル増やし、1兆1000億ドル。

  米財務省の統計には国際資本フローのデータも含まれており、1月の外国勢による米長期証券投資は63億ドルの買い越しだった。財務省短期証券(TB)や株式スワップなどの短期証券を含む全体では1104億ドルの買い越し。

原題:Chinese Treasury Holdings Dip in January Amid Capital Flight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE