ナバロ米NTC委員長:メキシコは北米地域「パワーハウス」の一員

  • ホワイトハウスは新NAFTAで原産地規則の厳格化を望む
  • 米国は成長と製造業雇用の拡大を望む-ナバロ氏

トランプ米大統領の貿易アドバイザーである米国家通商会議(NTC)のナバロ委員長はメキシコとの同盟構築に向けひそかに取り組んでいる。米国のメキシコ国境沿いの壁建設計画や北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の脅威が、米国にとって第3位の貿易相手国であるメキシコとの緊張を引き続き高めているにもかかわらずだ。

  ナバロ委員長はインタビューで、米国はメキシコおよびカナダと地域の製造業「パワーハウス」として一体化することを望んでいると述べた。他の諸国からの部品を締め出す構図だ。ナバロ氏はNAFTA再交渉で主導的役割を担うことになる。

  トランプ米政権はNAFTAの重要な一要素である原産地規則について見直しを実施していると、ナバロ氏は指摘。この規則は「米国製」の表示を付けるためには製品の何パーセントが米国で生産されなくてはならないかを定めている。

  ナバロ氏は「互恵的な地域のパワーハウス構築に向け原産地規則の引き上げを活用するという多大な機会がわれわれにはある。特に対メキシコではそうだ。こうしたパワーハウスでは国境の両サイドの労働者と製造業企業が極めて大きな恩恵を受けるだろう」と発言。「原産地規則の引き上げは、米国にとって利益になるのと同様にメキシコにとっても利益になる」と続けた。

原題:U.S. Sees Mexico as Part of Regional ‘Powerhouse,’ Navarro Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE