ウォール街の賞与総額、3年ぶり増加-NY州会計監査官

  • 平均賞与は前年比1%増の約1600万円
  • 業界全体の雇用は3800人増えて17万7000人に

ウォール街の賞与総額は2016年に前年比2%増の239億ドル(約2兆7400億円)となった。これはニューヨーク州のトマス・ディナポリ会計監査官の試算で、増加は3年ぶり。

  ディナポリ氏が15日発表したところによると、ニューヨークの金融業平均の賞与は1%上昇の13万8210ドル。業界全体の従業員は3800人増え、17万7000人に達した。ブローカー・ディーリング業務の税引前利益は合計で21%増の173億ドルで、4年ぶりの高水準だった。

  ブルームバーグがまとめたデータに従うと、米国の6大銀行では年末に債券トレーディング収入が急増。この後押しで6行合計の利益は前年から約2億4000万ドル増えて930億ドルとなり、少なくとも09年以降で最高を記録した。

原題:Wall Street’s Bonus Pool Rises for First Time in Three Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE