ドイツ検察当局は15日、フォルクスワーゲン(VW)の高級車部門アウディに対し家宅捜索に踏み切った。不正発覚から1年以上を経てもなお、ディーゼルエンジンの排ガス不正操作をめぐる刑事捜査がVWを揺さぶり続けている。

Rupert Stadler on March 15.
Rupert Stadler on March 15.
Photographer: Christof Stache/AFP via Getty Images

  捜索箇所はインゴルシュタットとネッカーズルムのほか、ドイツ国内の7拠点。ミュンヘン検察局の発表によると、捜索は米国で問題化した3リットルディーゼルエンジンの開発でアウディが担った役割に関連し、消費者を欺いた疑いに的を絞っている。また検察では関与した人物についても情報を求めているという。

  アウディは当局に対して全面的に協力しているとコメント。同社のルパート・シュタートラー最高経営責任者(CEO)は15日にインゴルシュタット本社で、捜索の理由やタイミングについて発言を控えつつ、自身の執務室や自宅に捜索は入っていないと述べた。

原題:Audi Raided by German Prosecutors in Diesel Scandal Fallout (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE