ドイツ銀、インドと欧州諸国のリテール事業売却を検討-関係者

ドイツ銀行は資本強化に向けた資産処分の一環として、インドのリテール事業売却を検討している。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  計画が非公表であることから匿名を希望した同関係者によると、ドイツ銀はスペインなど欧州諸国のリテール事業売却も考慮している。同行の担当者はコメントを控えた。

  インド事業の一部は過去に売却済みだ。買収したポストバンクの一部として取得した住宅ローン事業は2010年に、その5年後には同国内の資産運用部門をそれぞれ売却した。

  ドイツ銀が当局に提出した資料によると、インド事業が保有する総資産は2016年3月末時点で6930億ルピー(約1兆2100億円)。16年3月期通期で234億ルピーの利益を計上していた。

原題:Deutsche Bank Said to Weigh Sale of Indian Retail Business (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE