資産家のポール・シンガー氏は、次なる投資機会を捉えるため、自身が運用するヘッジファンドで追加資金の調達を再開する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者の1人が情報は非公開だとして匿名を条件に明らかにしたところによれば、投資家らはマルチ戦略を取る同ヘッジファンドに4-6月(第2四半期)に資金提供の確約を開始できる見込み。資金は2-3年以内に運用される可能性がある。

  シンガー氏が率いる運用資産328億ドル(約3兆8000億円)のエリオット・マネジメントは、資金提供の確約を取り付け、後日、投資機会が熟した際に集める方法で資金を調達している。ヘッジファンド業界では異例のこの調達方法により、資産運用者らは投資の準備が整った時点で資金を利用することができる。

  関係者によると、エリオットが前回、この方法で新規資金を調達したのは2015年。新規資金とそれ以前に投資の確約を取り付けていた資金を合わせ、同年に38億ドル、13年に33億ドルを調達した。12年には35億ドル、10年に24億ドルをそれぞれ集めている。

  ヘッジファンド・リサーチによると、エリオットの旗艦ファンドの昨年の運用成績はプラス13.1%で、マルチ戦略ファンドのリターンの平均(プラス5.3%)を上回った。シンガー氏が1977年に創業したエリオットは、業界で長期的な運用成績が最も高い企業の一つで、関係者の1人によれば、運用成績がマイナスになったのは創業以来2年のみで、平均でプラス約13.5%の年間リターンを達成している。

  エリオットの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Paul Singer Said to Reopen Flagship Hedge Fund to New Capital(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE