NY外為:ドル、対ユーロで上昇-米当局が利上げペース加速示唆か

更新日時

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロなどで上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が15日に利上げペース加速を示唆するかどうかに注目が集まっている。

  金融市場はイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が年内4回の利上げに前向きだと示唆するかどうかに注目しており、そうした場合、市場参加者は一段の利上げを織り込もうとする可能性がある。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日比0.5%高い1ユーロ=1.0604ドルとなっている。 対円では0.1%安の1ドル=114円75銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%高の1247.49。

  2月の米生産者物価指数は前月比で市場予想を上回る伸びとなった。前年比での上昇率は2012年3月以来の最大だった。

  ロンドンのトレーダーによると、ユーロは朝方、持ち高調整とアルゴリズムに基づくプログラム売りで下げた。

原題:Dollar Climbs as Traders Seek Fed Guidance on Interest-Rate Path(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE