東京よりシンガポール、生活の質がアジア最高-世界一はウィーン

  • シンガポールは前年から1つ順位を上げて25位-世界231都市中
  • 東京は47位、香港が71位-いずれも順位を下げた

アジアの都市で生活の質が最高なのはシンガポールで、東京より香港よりはるかに住みやすい。マーシュ・アンド・マクレナン傘下のマーサーが実施した調査が示した。都市インフラの効率の高さが住みやすさの理由。

  マーサーがまとめた世界の231都市の番付で、シンガポールは前年から1つ順位を上げて25位。東京は47位、香港は71位と、いずれも順位を下げた。

  シンガポールは電力や飲料水の供給、電話サービス、公共交通、交通渋滞の状況、国際便の運航数などを含む都市インフラの項目でトップだった。

  マーサーによると、安定性と消費財の入手しやすさ、住宅の質の高さ、自然災害の少なさもシンガポールの高評価に寄与した。

  マーサーが昨年9-11月にまとめたデータに基づく世界のランキングで、上位は主に西欧の都市が占めた。ウィーンとチューリヒが1位と2位。欧州以外でトップ10に入ったのはニュージーランドのオークランド(3位)とカナダのバンクーバー(5位)、オーストラリアのシドニー(10位)。

原題:Singapore Tops Tokyo as Asia’s City With Best Quality of Living(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE