中国の住宅販売は年初2カ月も堅調さを維持し、政策当局が住宅市場のブーム抑制に苦しんでいる状況を示唆した。

  国家統計局が14日発表したデータによれば、1-2月の新築住宅販売額は前年同期比23%増の9120億元(約15兆1500億円)。昨年12月は17%増だった。

  マッコーリー・セキュリティーズの中国経済担当責任者、胡偉俊氏(香港在勤)は「予想よりずっと強い住宅販売だった」と指摘。「大都市の住宅価格高騰に着目し、3-4級クラスの都市の買い手が値上がりを追った」と述べた。中国で1、2級に区分される都市の多くはここ半年の間に住宅購入規制を講じている。

  国家統計局によれば、1-2月の不動産開発投資は前年同期比8.9%増。ブルームバーグの計算によれば、昨年12月は11.1%増だった。

原題:China Home Sales Surge 23% in First Two Months Defying Curbs (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE