2.8億円のスーパーカーに観衆の目はくぎ付け、限定100台はすでに完売

イタリアの自動車メーカー、パガーニの最新スーパーカー「ウアイラ・ロードスター」(最低価格228万ユーロ=約2億8000万円)が今月、ジュネーブ自動車ショーで公開された。同社の創業者オラシオ・パガーニ氏は、同氏がこれまで手掛けた中で最も複雑なプロジェクトだと述べた。

  ウアイラ・ロードスターは限定100台で、すでに完売している。この新スーパーカーの最大の特徴は、カーボンファイバーとガラスでできた着脱可能なルーフだ。

  その結果、目では分かりづらいが幾つかの大きな改良が施された。ルーフが開閉可能なコンバーティブルは通常クーペよりも車体が重いが、ルーフが着脱可能となったことでクーペよりも車体が軽くなった。他のコンバーティブルとは違い、ルーフなしの場合に車体を安定させるため、設計を加えるのではなく、強度のあるモノコック構造の車体を採用しているからだ。ウアイラ・ロードスターの重量はたった1280キロと、クーペの1350キロを下回る。

  ウアイラ・ロードスターの最高出力は764馬力で、時速0-60マイル(約97キロ)の加速タイムは3秒を切っている。クーペの3.0秒よりも若干速く、現在の世界の自動車の中で最速クラスだ。

  ジュネーブのパレクスポ・コンベンションセンターに展示されたウアイラ・ロードスターは、車体の前部、横、後部を全て開けると、昆虫変形ロボットのように見える。青い宝石のようなカーボンファイバーの外装は、まさに美しいコガネムシの背中のようだ。観衆の目はくぎ付けだ。

  車体の後部中央には4本の丸い排気管があり、左右にはそれぞれ3つずつ丸形のテールランプが付いている。

「ウアイラ・ロードスター」の後部中央には4本の排気管

Photographer: Luke Macgregor/Bloomberg

  この外観は控えめに言っても癖がある。私が話をしたドイツ高級車ブランドの若い社員の言葉を借りるなら、「私のスタイルではないが、すごくリスペクトしている」。

  ウアイラ・ロードスターは貴重であると同時に希少であるため(限定100台を生産するのには何年も時間がかかる)、路上で実際に目にする人はほとんどいない。もし路上で見かけるようなことがあったら、ラッキーだと思った方がよい。確実に見たいなら、ジュネーブに足を運ぼう。

Photographer: Luke Macgregor/Bloomberg

Photographer: Luke Macgregor/Bloomberg

原題:This $2.4 Million Convertible Is Among the Most Outrageous Cars Today(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE