稲田防衛相が答弁訂正し謝罪、辞任は否定-森友との関係で

更新日時
  • 説明責任を果たし、今後も職務に当たってほしい-安倍首相
  • 裁判に出廷なら国会で「虚偽答弁、辞任するべきだ]-民進国対幹部

稲田朋美防衛相は14日の衆院本会議で、大阪市の学校法人「森友学園」の裁判に出廷したことがないとした自身の国会答弁を「訂正し、おわびする」と述べた。安倍晋三首相は稲田氏を続投させる方針だが、民進党は辞任を要求し、攻勢を強めている。

  共同通信によると、稲田氏は2004年12月、森友学園が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に、原告側代理人弁護士として出廷したことを示す裁判所作成記録があることが分かった。稲田氏は13日の参院予算委員会で、学園の籠池泰典氏から法律相談を受けたこともなければ、「裁判を行ったこともない」と答弁していた。

  稲田氏は衆院本会議で、13日は突然の質問だったため、記憶に基づき答弁したと説明。04年12月9日、夫の代わりに出廷したことが確認できたとして、「今後とも誠実な答弁に務め、誠心誠意、職務に当たっていきたい」と語った。

野党は辞任迫る

  安倍首相はこれに先立つ答弁で、閣僚の任命責任は「全て内閣総理大臣たる私にある」と発言。稲田氏には「説明責任を果たし、今後とも誠実に職務に当たってもらいたい」と述べた。いずれも升田世喜男氏(民進)への答弁。

  一方、民進党の笠浩史国対委員長代理は、稲田氏が裁判に出廷していたとすれば「虚偽答弁をしたことになり、断じて許されない。責任を取って辞任するべきだ」と電話取材で語った。

  午後の参院予算委員会では、民進党の風間直樹氏が稲田氏の政治団体に関わる収支報告書の07年分に森友学園の籠池氏らから個人献金を受けた記載があると指摘。稲田氏は「記憶にはないが、先生が指摘になるのであればそうではないか」と語った。同年に行ったパーティーに籠池氏が夫妻で出席した記憶があるとも述べ、2人がパーティー券を買ったと推測すると語った。

  森友学園をめぐっては大阪府豊中市の国有地払い下げの手続きが不透明として野党側が追及。学園は土地に小学校の建設を進めていたが、問題化したことを受けて認可申請を取り下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE