中国経済、勢い持続-工業生産と固定資産投資の伸び加速

更新日時
  • 1-2月の工業生産は前年同期比6.3%増、予想上回る伸び
  • 都市部固定資産投資は同8.9%増、小売売上高は同9.5%増

今年の中国経済は堅調なスタートを切った。従来型の成長エンジンがペースを加速している。

  国家統計局が14日発表した1-2月の工業生産は前年同期比6.3%増。ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値は6.2%増。昨年12月は前年同月比6%増だった。1-2月の都市部固定資産投資は前年同期比8.9%増となった。

  1-2月の小売売上高は前年同期比9.5%増。小型エンジン搭載車の減税幅縮小で自動車販売が落ち込み、予想を下回る伸びにとどまった。

  中国当局は今年の成長目標を6.5%かそれ以上に設定すると発表。マネーサプライM2伸び率目標は昨年の13%から12%に引き下げた。経済が安定する中、当局は不動産価格と行き過ぎたレバレッジの抑制に軸足を移している。 

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は「今回の統計は今年の好調な幕開けを示している。固定資産投資の拡大は主にインフラプロジェクトによるものだ。積極的な財政政策が奏功しつつある」と分析。「官民パートナーシップのおかげで、今年のインフラ分野は全般に力強いだろう。2月の与信データも投資が適切な金融支援を得ていることを示唆している」と述べた。

原題:China’s Economy Holds Momentum as Output, Investment Accelerate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE