ポール・ライアン米下院議長は共和党がまとめた医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃・代替法案について、無保険者が大幅に増加するとの試算を踏まえた上で、大きな修正は加えない方針を固めた。共和党の関係者が明らかにした。

  ライアン議長は14日の午後、マッカーシー下院院内総務とともに、次のステップを協議すべくトランプ大統領との電話会議に臨む。

  無保険者が2018年に1400万人増加するとの議会予算局(CBO)試算は、同年に中間選挙を控えた共和党を苦しい立場に追い込む可能性がある。トランプ政権がCBOの試算そのものに異議を唱える一方、共和党の上院議員の中には党として計画を練り直す必要があるかもしれないとの声もある。

  リンゼー・グラム上院議員(共和、サウスカロライナ州)は13日夜に記者団に対し、「共和党はスピードを落として、軌道修正する必要がある」と話した。

原題:Ryan Said to Stick With GOP Obamacare Bill Despite CBO Estimate(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE