米航空大手3社、NY圏の主要空港で運航取りやめ-大雪の予想で

The northeastern United States braced Monday for what meteorologists predict could be the worst winter storm of the season, with blizzards feared to dump knee-high snow on New York. / AFP PHOTO / TIMOTHY A. CLARY (Photo credit should read TIMOTHY A. CLARY/AFP/Getty Images)

Photographer: Timothy A. Clary/AFP via Getty Images

米大手航空会社3社は14日、ニューヨーク圏の主要3空港に向かう全便の運航を取りやめた。米東海岸は強い風を伴った大雪が予想されており、5570便余りが欠航となっている。

  ニューヨーク地域では最大で20インチ(約51センチ)の積雪、風速も時速55マイル(約88キロメートル)に達する恐れがある。

  アメリカン航空は14日、ラガーディア空港とケネディ国際空港で全ての運航を中止し、15日朝の通常運航再開を目指す。ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスとサウスウエスト航空は14日、ラガーディアとニュージャージー州のニューアーク国際空港での運航を取りやめた。

原題:U.S. Airlines Cancel NYC Service as Storms Erase 5,570 Flights(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE