米ベライゾン、ヤフー買収額最大9億2500万ドル引き下げ提案していた

  • マッカダムCEOは買収撤回も提案-当局への届け出で明らかに
  • 最終的には3億5000万ドル引き下げで2月合意

米ベライゾン・コミュニケーションズのローウェル・マッカダム最高経営責任者(CEO)は米ヤフーでの大規模な個人情報流出が昨年発覚したのを受け、同社インターネット事業買収額の最大9億2500万ドル(約1063億円)引き下げを提案していた。当局への13日の届け出で明らかになった。

  買収額は最終的に、3億5000万ドル引き下げ44億7500万ドルとすることが2月20日了承されている。届け出によると、マッカダムCEOは買収撤回も提案していた。さらに、2月1日討議された第3の選択肢はベライゾンが数カ月かけて調査を完了させ、その後にその先の対応を決定するという内容だった。

原題:Verizon Suggested Price Cut of Up to $925 Million for Yahoo Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE