13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが前週末終値近辺で横ばい。ドルの次の材料として、14日から2日間の日程で始まる連邦公開市場委員会(FOMC)を待ちたいとの雰囲気が強かった。

  FOMC会合を前に持ち高が解消され、ドルは狭いレンジ内での取引となった。市場は年内3回の利上げをほぼ織り込んでおり、ドルの強気筋は年内4回の利上げが選択肢として示唆されると予想している。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前営業日比0.1%高の1ドル=114円88銭。ユーロに対しては0.2%高い1ユーロ=1.0653ドルとなっている。 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらずの1243.98。

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの通貨ストラテジスト、エリック・ビロリア氏はリポートで、「基本的に利上げが完全に織り込まれていることを考慮すると、FOMCのトーンとガイダンスがドルの短期的な見通しに影響するだろう」と指摘。全般的に「ドルにはなお上値余地があるとみている」とした。

  ドルは過去2週間、米国の利上げ観測を背景に上昇。一段高になるかどうかはトランプ政権が成長重視政策を実施できるかどうかとその時期に恐らく掛かっている。

  スコットランドのスタージョン行政府首相が英国からの独立を問う2回目の住民投票実施に向けた法的手続きを来週にも開始すると表明したものの、ポンドは上昇した。

  オランダ選挙を巡る懸念がユーロを圧迫した。ロンドンのトレーダーによると、候補間の非難合戦が過熱し、選挙戦の終盤と投票動向に影を落としている。

原題:Dollar Little Changed as Traders Await Fed Meeting for Catalyst(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE