サウジ:イスラム債発行でJPモルガンとHSBC、シティ起用-関係者

サウジアラビアは海外市場向けに起債を検討、共同グローバル・コーディネーターとしてシティグループ、JPモルガン・チェース、HSBCホールディングスを起用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、サウジはリアル建てイスラム債発行に伴う引き受け主幹事にドイツ銀行とBNPパリバなどを起用した。売り出しは早ければ月内の可能性があると、関係者のうち2人が述べた。

  同国は財政赤字を穴埋めする一環として海外・国内向けの起債を検討している。今年の財政赤字は1980億リヤル(約6兆535億円)と、同国経済生産の約7.7%に相当する可能性がある。サウジは昨年10月に海外市場向けに175億ドル(約2兆円)を起債した際にもシティとHSBC、JPモルガンを共同グローバル・コーディネーターに起用した。新興国による債券発行では過去最大だった。

  各銀行とサウジの財務省はコメントを拒否した。

原題:JPMorgan, HSBC, Citigroup Said to Be Hired on Saudi Dollar Sukuk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE