アイスランドが金融危機で導入した資本規制から脱却し、国際資本市場への復帰を果たす。

  同国政府は12日に急きょ実施した記者会見で、残されていた資本規制のほぼ全てを14日に解除する方針を明らかにした。アイスランドの国民と企業、年金基金は、国際資本市場へのアクセスをこれで完全に取り戻すことになる。

  ベネディクトソン首相は記者会見後のインタビューで、為替市場に参加する同国企業に義務づけた規制のほとんどを解除することは極めて大きな動きだとし、「アイスランド経済への信用感をさらに高める」だろうと指摘。「直接外国投資がより容易になるだろう」と語った。

  アイスランド経済は記録的なペースで成長する観光業を追い風に、拡大を続けている。段階的に規制が解除されてくるにつれアイスランド経済に資金が戻り、景気過熱のリスクすら生じている。首相は「むしろ資金流入が問題となってきている」と認め、「過去数カ月のクローナ高で、年金基金が外国投資の増加に意欲的になっていると思う」と発言。今回の措置がクローナ上昇圧力を緩和させることに期待感を示した。

  昨年の国内総生産(GDP)は前年比7.2%増。家計支出と設備投資が高成長を主導した。失業率は3%前後に低下し、インフレは抑制されている。通貨クローナはユーロに対し過去1年で約18%上昇した。

  アリオン・バンクによれば、アイスランド中央銀行は15日の政策決定会合で、政策金利を4.75%と、現行の5%から引き下げる可能性がある。同中銀は通貨高に歯止めを掛けるため、昨年8月以降2回の利下げを実施した。

原題:Iceland Exits Krona Controls Eight Years After Banking Crash (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE