英ボビスホームズ:ガリフォードとレッドロウの買収提案いずれも拒否

  • 2社の買収案はそれぞれ企業価値を反映していないと判断
  • ガリフォードとは交渉継続、レッドロウとは打ち切った

英住宅建設会社ボビスホームズ・グループは、英同業のガリフォード・トライによる買収提案を拒否した。これより先にレッドロウの買収提案もはねつけていた。

  ボビスは13日の発表資料で、「両社の買収案を検討した取締役会は、いずれもボビスの根本的な事業価値を反映しておらず、両提案とも拒否するべきだとの結論に至った」と説明。「レッドロウはその後、条件を引き上げる意思がないと示唆したため、協議を打ち切った。ガリフォードとは協議を継続している」と付け加えた。

  ガリフォードが12日明らかにした買収案はボビスを1株当たり886ペンスと評価。これは10日終値である828ペンスを7%上回る水準。

  レッドロウは先月27日、現金と株式を組み合わせ、ボビスの1株当たりの価値を814ペンスとみなす買収案を提示した。この時点の同社株価は774ペンスだった。レッドロウによれば、ボビス取締役会は6日、これ以上協議を続けるに値しないとしてこの提案を拒否した。

原題:Bovis Rejects Rival Takeover Offers From Galliford Try, Redrow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE