中国経済は1、2両月に改善の兆しを示し、ハードランディングのリスクはほとんどない。中国の高官らはこうした見方を示した。

  北京で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に参加している国家統計局の寧吉喆局長は12日、中国のマクロ経済は年初に安定化したと述べ、1月と2月の工業生産が6%余り増え、サービス業は8%を超えるの伸びとなったことを明らかにした。

  寧局長は、工業活動も持ち直しており、発電量や電力消費量、鉄道輸送量も全て堅調な伸びを示していると説明。国務院発展研究センターの李偉主任も同日、中国経済が直面する「大きな下振れリスクはほぼゼロ」だとの見方を示し、短期的なボラティリティーは引き続き生じ得るが、経済の再編は全般的に加速していると語った。

原題:China Says Economy Showed Signs of Improvement in Start of Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE