トランプ米大統領が6日署名した入国制限の新大統領令を巡り、移民の権利擁護を訴える複数の団体が10日、米連邦地裁に差し止めを求める訴訟を起こした。

  訴えを起こした米国自由人権協会(ACLU)などの団体は、同大統領令はイスラム教徒を狙い撃ちにしたものだと主張している。同大統領令を巡っては既にワシントン、ミネソタ、オレゴン、ニューヨーク、メリーランド、ハワイの各州の民主党司法長官が差し止め訴訟を起こしている。

  ノースウエスト移民の権利プロジェクトはシアトルの連邦地裁に提出した訴状で、失効したビザ(査証)を復活させる基準が依然不明確なため、90日間の入国制限が恒久的な入国禁止になると指摘した。

原題:Trump Travel Order Blasted as Permanent Ban in New Challenge (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE