欧州中央銀行(ECB)当局者らは債券購入プログラム終了前の利上げがあり得るかどうかを検討したと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  政策委は9日、非伝統的な金融政策の解除に関するコミュニケーションと解除の順序について意見を交換したと、ユーロ圏の中銀当局者らが協議内容は非公開だとして匿名を条件に述べた。特定のシナリオやスケジュールについては話さず、戦略に関していかなる正式決定もなかったという。ECB報道官はコメントを控えた。

  ECBは景気低迷とデフレリスクに対抗するため何年にもわたって異例な政策を続けてきたが、このところの改善でついに政策正常化を検討する余地が生じた。量的緩和(QE)終了前に利上げをするとなれば、ドラギ総裁が2016年3月以来示してきたガイダンスから乖離(かいり)することになる。

  • ECBは「政策委員会は政策金利が長期にわたり、また資産購入プログラム終了後も当分、現行またはそれ以下の水準にとどまると考えている」としてきた。

  
  この方針を変更するかとの問いに総裁は9日、

  • 「臆測をしたくない。現在のフォワードガイダンスはこの通りで、現時点での情報に基づいている」  

と答え、ガイダンスの否定はしなかった。
 
原題:ECB Said to Have Discussed Whether Rates Can Rise Before QE Ends(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE