10日のインド株式市場では、指標のS&P・BSEセンセックスがほぼ変わらずとなった。地方選挙の投票結果の発表を控えて警戒感が強い中、売り買いが交錯した。

  センセックスは前日比0.1%高の28946.23で終了。一時は0.5%上げていた。構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は20倍と、過去5年間の中央値である16.1倍を上回る。中型株指数は約1カ月ぶりの低水準に沈んだ。

原題:Rupee Climbs to Four-Month High as Exit Polls Show Modi in Lead(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE