英通信会社BTグループは規制当局の要請に応じ、ネットワーク部門のオープンリーチを別会社として分離することで合意した。競合他社が求めていた完全分離までには至らなかった。

  英規制当局は10日の声明で、オープンリーチは自社の従業員と経営陣、戦略のほか、「全ての顧客に平等に対応する法的目的」も備えると説明した。当局は昨年11月にこうした組織変更要請を行っていた。

  BTはオープンリーチを保有し続けるものの、オープンリーチは別の取締役会を持ち独自経営となる。この狙いは、顧客へのブロードバンド提供で同社に依存するスカイやトークトーク・テレコム・グループ、ボーダフォン・グル―プなど競合企業のネットワークアクセス改善だが、これら企業はBTが完全にオープンリーチを手放すことを求めていた。

原題:BT Agrees to Split Off U.K. Network Unit Into Separate Entity(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE