英系不動産コンサルティング会社ナイトフランクの「プライム・インターナショナル・レジデンシャル指数」によれば、世界で高級住宅が昨年、最も大きく値上がりした地域は、オーストラリアとニュージーランド(NZ)だ。豪州・NZでは11%上昇し、アジアは2位。ロシアや中東では値下がりした。

原題:Australia, New Zealand Luxury Homes on Top With 11% Gain: Chart (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE